★化粧品成分の役割★

当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
  化粧品ガイド   
スポンサードリンク
【化粧品ガイドについて】 当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
化粧品の種類別の検索、50音別の検索、アルファベット検索が出来ます。化粧品の疑問、化粧品の安全面が気になった時などに参考にしていただいて、安心して化粧品をお使いいただければと思います。あなたの化粧品選びのお手伝いとなりますように・・・♪
HOME > 化粧品成分の役割

化粧品成分の役割


化粧品成分には、以下のような役割があります。

1.その化粧品の主目的のための成分(主成分)。メイク化粧品の主成分は、色材と皮膜剤です。基礎
 
 化粧品ほど神経質になる必要はありませんが、よい成分のものを選びましょう。メイク類は、好ましく

 ない成分が多いので、できるだけ範囲内で悪い成分のないものを選びましょう。


2.化粧品の形状を構成するための成分。化粧品は、水っぽすぎる、やわらかすぎる、べたつきすぎるな

 ど、使用上または充填上不便な製品に添加して性状を変えることが多くあります。その際使われるの

 は、鉱物及び金属粉末、天然及び合成ポリマー類、エステル類、合成界面活性剤などです。


3.そのほか化粧品の機能を果たすために配合される成分。収れん剤、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤、

 皮膜剤など化粧品の目的を達成するための手段として用いられる成分。


4.保存性の向上を目的に使用される成分。皮膚が皮脂を自然環境としている以上、皮脂の代用品とし

 ての機能を求められる基礎化粧品には、防腐剤、酸化防止剤、香料などの変質防止剤が必要です。

サイト内検索
洗浄化粧品
基礎化粧品
メイク化粧品
頭髪用化粧品
ボディケア化粧品
肌タイプ
化粧品トラブル
化粧品の科学

化粧品成分&用語
50音別検索

化粧品成分&用語
アルファベット検索
A〜M
N〜Z

免責事項
当サイトは、確かな多くの資料に基づいて作成しておりますが、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容に関しましては、自己責任によりご利用下さい。

当サイトの管理人は、生じた一切の損害や負傷、その他について責任は負いかねますので、ご了承下さい。


リンク集

プロフィール

プライバシーポリシー


スポンサードリンク
Copyright (C) 化粧品ガイド All Rights Reserved