★日焼け剤★

当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
  化粧品ガイド   
スポンサードリンク
【化粧品ガイドについて】 当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
化粧品の種類別の検索、50音別の検索、アルファベット検索が出来ます。化粧品の疑問、化粧品の安全面が気になった時などに参考にしていただいて、安心して化粧品をお使いいただければと思います。あなたの化粧品選びのお手伝いとなりますように・・・♪
HOME >   日焼け剤

日焼け剤


日焼け剤は日焼けを促進するもので、ブロンザー、エクステンダー、促進剤、ピルの4種類あります。

ブロンザーは、着色ローションで、一時的に肌に色を付けるものです。サンスクリーンの一部として利用

されることもあれば、単体で使用されることもあります。石けんと水で洗い流せます。太陽からの保護は

望めません。


エクステンダーは化学物質で、ローションとして、またはサンスクリーン製品への添加剤として使用しま

す。この化学物質は、肌のたんぱく質と反応すると色が濃くなります。その結果、見事な偽物の小麦色

の肌が生まれるわけですが、時には気に入らない色になることもあります。水では洗い流すことができ

ませんが、やがて、消えていきます。ジヒドロキシアセトン(DHA)は、日焼け用のエクステンダーにもっ

ともよく使用されますが、接触アレルギーを引き起こす人がいることでも知られています。紫外線からの

保護は望めません。


促進剤は、FDAによる認可を得ていません。もっともよく使われている促進剤はチロシンです。促進剤に

は通常、銅化合物やDHAのような色を黒くする酸が付加されていて、それが肌の変色を促し、淡い褐

色をブロンズ色にかえていくのです。このタイプの製品を用いてつくりあげた日焼けした肌には永続性

があり、洗い流すこともできません。


ピルはFDAによって禁止されており、英国でも医薬品として認可されていません。当然薬局では購入で

きません。含まれているのは、カロチンまたはカンサキサンシンで、いずれもニンジンのような植物の有

する天然の色素です。カロチンやカンサキサンシンは、バランスのとれた食事の一環として適量を摂取

している分には安全ですが、肌の色をかえようと思ったら大量に摂取しなければなりません。

サイト内検索
洗浄化粧品
基礎化粧品
メイク化粧品
頭髪用化粧品
ボディケア化粧品
肌タイプ
化粧品トラブル
化粧品の科学

化粧品成分&用語
50音別検索

化粧品成分&用語
アルファベット検索
A〜M
N〜Z

免責事項
当サイトは、確かな多くの資料に基づいて作成しておりますが、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容に関しましては、自己責任によりご利用下さい。

当サイトの管理人は、生じた一切の損害や負傷、その他について責任は負いかねますので、ご了承下さい。


リンク集

プロフィール

プライバシーポリシー


スポンサードリンク
Copyright (C) 化粧品ガイド All Rights Reserved