★ヘアパーマ★

当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
  化粧品ガイド   
スポンサードリンク
【化粧品ガイドについて】 当サイトでは化粧品・化粧品の成分などの化粧品に関する用語について、わかりやすく解説をしています♪
化粧品の種類別の検索、50音別の検索、アルファベット検索が出来ます。化粧品の疑問、化粧品の安全面が気になった時などに参考にしていただいて、安心して化粧品をお使いいただければと思います。あなたの化粧品選びのお手伝いとなりますように・・・♪
HOME >   ヘアパーマ

ヘアパーマ


ヘアパーマは、化学処理を行うことで、毛幹の形を永久にかえます。ストレートヘアをカーリーヘアにし

たり、カーリーヘアや縮毛をストレートヘアにできますが、後者は特にストレートパーマと称されます。

ストレートヘアか、カーリーヘアかは、髪の断面によって決まります。断面が丸ければストレートで、楕

円形なら通常はカーリーへアです。パーマもストレートパーマも、その機能は全く同じといえます。

髪のたんぱく質繊維は硫黄重合体によってまとめられています。これが髪に硬直性を与えているので

す。パーマをかけると、還元剤というアルカリ剤によって硫黄重合体が壊れ、まとまっていたたんぱく質

がバラバラになっていきます。そこでカーラーや、髪に張力を与える道具などを使ってたんぱく質繊維を

完全に分離させ、新たな形をつくっていくのです。その後、第2の化学物質、酸化剤を使い、硫黄重合

体を再度構築して、新たにつくられた形のまま繊維を固定させます。酸化剤は通常、過酸化水素で、こ

れによって髪色がわずかながら明るくなることがあります。酸化剤は、ほとんどすべての硫黄重合体を

再構築しますが全部ではなく、当然毛幹は、パーマをかける前に比べて少々弱くなってしまいます。こ

れが、パーマが髪にダメージを与えるといわれるところです。したがって、頻繁にパーマをかければ、多

くのジスルフィド結合を破壊することになり、髪は永遠に傷んだままです。あとはただひたすら、新しい

髪が伸びてきて、傷んだ髪と入れ替わっていくのを待つしかありません。このように、1度傷ついた髪を

もとに戻すことはできませんが、上質なコンディショナーを使用すれば、質感や見栄えをよくすることは

できます。また、腕のいい美容師であれば、パーマをかけることで髪にダメージを与えるようなことは滅

多にありません。

サイト内検索
洗浄化粧品
基礎化粧品
メイク化粧品
頭髪用化粧品
ボディケア化粧品
肌タイプ
化粧品トラブル
化粧品の科学

化粧品成分&用語
50音別検索

化粧品成分&用語
アルファベット検索
A〜M
N〜Z

免責事項
当サイトは、確かな多くの資料に基づいて作成しておりますが、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容に関しましては、自己責任によりご利用下さい。

当サイトの管理人は、生じた一切の損害や負傷、その他について責任は負いかねますので、ご了承下さい。


リンク集

プロフィール

プライバシーポリシー


スポンサードリンク
Copyright (C) 化粧品ガイド All Rights Reserved