にしんの山椒漬

にしんの山椒漬

にしんの山椒漬の紹介

海のない会津でにしんが使われるようになったのは江戸時代、北海道の海産物を 本州へ運び、商いをしていた北前船がきっかけと言われています。身欠きにしんは脂分が多く、長持ちする海産物で、周りを山々に囲まれて海産物に触れる機会が少なかった会津では、北前船からの乾物海産物は重要なタンパク源でした。この身欠きにしんを、山椒の葉を用いて醤油で漬け込んだものを「にしんの山椒漬」と呼んでいます。全国的に珍しく会津独特の郷土料理で、山椒のもつ特性から腐敗を防ぎ保存性を高める効用のほか、特有の香気と酸味が加わり、にしんの魚臭さと渋みがとれ、会津のお酒にぴったりな味の深さです。またご飯のおかずとしてもすばらしいものです。