薬王寺

  • 木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)(県指定重要文化財・彫刻  指定:平成5年3月23日)
    像高67.5cm。ヒノキ材の寄木造(よせぎづくり)。玉眼(ぎょくがん)をはめ込む。阿弥陀如来は西方極楽浄土に任する仏で、浄土教の本尊無量光仏・無量寿仏ともいいます。この仏を信じ名号(みょうごう)を唱えるものは、その功徳によって必ず極楽浄土に往生するといわれます。
    この像は、薬王寺本堂の本尊であるが、伝来ははっきりしていません。後世、漆箔(しっぱく)や彩色の補修をしているので、多少像容は損なわれていますが、やや面長の顔につり上がりぎみの目尻、丸々とした張りのある両頼など引き締まった表情をしています。また、広くあけた胸、ゆとりある体クなど充実した肉身表現が認められます。十三世紀中頃の作と思われ、慶派の作風を汲んでいる鎌倉時代の優品といえます。(参考文献:会津坂下町の文化財)

  • 木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざそう)(町指定重要文化財・彫刻  指定:昭和52年3月5日)
    薬王寺は『新編会津風土記』によると薬師堂の別当で、その薬師堂は天正12年(1584年)に現在地に移されたといいます。この像は、薬師堂に安置される薬師三尊像の中尊で、古くから杉薬師として信仰を集めてきました。堂内には他に四天王像、十二神将像があります。像高88cm。螺髪(らはつ)は小さく、彫眼(ちょうがん)で、切れ長の目をしています。衣文(えもん)の彫りは浅く、膝のつくりが低い。面相は引き締まっており、鎌倉時代の作風を残しているが、時代は下がるものと思われます。台座に元禄15年(1702年)修理を施した旨の墨書があり、脚部、両手、光背(こうはい)、台座はこの時補われたものと思われます。さらに、明治時代初めに漆箔(しっぱく)や衲衣(のうえ)の彩色が行われましたが、質が悪く像容を損ねています。(参考文献:会津坂下町の文化財)

薬王寺

薬王寺の紹介

会津五薬師のひとつで、会津を代表する仏像です。
『木造阿弥陀如来坐像』は県指定の重要文化財・彫刻に、『木造薬師如来坐像』は町指定重要文化財・彫刻に指定されています。境内にある枝垂れ桜は「会津五桜」の一つ「杉の糸桜」です。

 

住所:会津坂下町大字船杉字北杉大道上乙1170

薬王寺1

 

薬王寺2

 

薬王寺3

 

薬王寺4

 

薬王寺5