棒たら煮

棒たら煮

棒たら煮の紹介

「棒たら煮」は、おめでたい時のご馳走として古くから正月や祭の膳にでてきた郷土料理です。砂糖や水あめを大量に使うこの料理は、昔は正月やお祭りの御馳走として作られてきました。鱈の素干し品を2日位水に浸して軟らかくし、醤油と砂糖などを加えて、とろ火で2~3日ゆっくりじっくり煮こんだものです。会津は海から遠いため、交通手段のない昔の人々は、保存の利く干物等の料理をいかに美味しく食べるかという知恵に長けていたと言います。