光照寺

光照寺

光照寺の紹介

光照寺を紹介します。坂下町役場の裏にあるお寺です。 県指定重要文化財・絵画である『絹本著色光明本尊(けんぽんちゃくしょくこうみょうほんぞん)』を所有しています。(指定:昭和41年4月19日)縦149.5cm、横84.9cm。
光明本尊とは、6字・9字・十字の阿弥陀仏の名号を中心に、その左右にインド・中国・日本の浄土関係の祖師の系譜を描き、念仏する衆生を残らず救済しようとする有様を表現した曼荼羅(まんだら)様式の絵画で、浄土真宗独自の画像です。
光照寺の画像は、十字の名号「き命蓋十万无守光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」のみを中軸にする唯一の遺品で、左下に勢至・龍樹・世親(せしん)の三菩薩(ぼさつ)、その上にインド・中国の高僧、右下に蘇我馬子や小野妹子ら六人の聴衆を前にした聖徳太子、その上に源信(恵心僧都(えしんぞうず))・源空(法然(ほうねん))・親鸞(しんらん)など日本の八人の高僧を配し、中央から放射状に発する光に浴するように、描き並べています。諸像の的確な描写や温和な色使いから、鎌倉時代末の製作と考えられます。(参考文献:会津坂下町の文化財)

住所:会津坂下町字茶屋町甲3911

電話:0242-83-2770

光照寺1

 

光照寺2